クレジットスコア

クレジットスコアとは?

照射

アメリカでは、信用がないとかなり不利な思いをしてしまうそうですが、日本でも今後はかなり重要視される指標になるかもしれません。

 

日本でも消費者金融などに借金があると住宅ローンを組めなかったり、全額返済することなどの条件付きでしかお金を借りられなかったりするようですが、現実的な問題として、住宅ローンを返済するために消費者金融にお金を借りる方もいらっしゃるようです。

 

クレジットカードなどもまるで使わないと日本では、限度額が上がっていくようですが、信用度が上がっているからといって無理に使ったり支払いが滞ったりすると信用機関に記録が残ってしまいます。アメリカでは、信用度が高ければ、低い金利でお金が借りられますが、信用度が低ければ、就職などにも深刻な影響が出てしまうそうです。

 

クレジットカードは、賢く使うとかなりお得な面がある反面、持っていると後先考えずに使ってしまいそうになるのでしっかりと注意して使うことが求められます。日本では、まだまだ学生でクレジットカードを持っている人は少ないのかもしれませんが、親が払ってくれるからといって無理な使い方はしない方が良いかもしれません。使用の状況や支払いの情報がすべて記録されることによって将来に影響を与えるかもしれないので、あまり多くのカードを作るのは良くないですね。

クレジットカードを作る

アメリカでは、社会保障番号がとても重要な意味を持っているようです。日本でも住民基本台帳が導入されましたが、機能的にはアメリカの社会保障番号を真似たものだと思われます。制度自体が新しいので、何に利用したいのか?国の方針についての理解が進まず個人情報保護の観点からあまりうまく運用されているとは思えませんが、結局は、アメリカの社会保障番号と同じような目的があると思われます。

社会保障番号の歴史

アメリカでは1986年に租税法が改正され、社会保障番号を持たない人は税控除の対象とならなくなったことで、登録が進み、年齢を問わずに税控除の対象外となったことにより生まれてすぐに社会保障番号を適用させるようになっていきます。未だにこの制度に反対している人々がいるものの社会保障番号がなければ、クレジットカードを持つことができなかったり、就職が難しくなったりとかなり不利な条件に甘んじなければいけません。

 

アメリカでは、現金をいくら持っていても信用されず、クレジットカードを持つことが信用に大きく影響しているのはご存知のとおりです。クレジットカードを持つことは、銀行の口座を持っていること、ひいては、社会保障番号を持っていることにつながります。日本人が救急車などで運ばれて例えばクレジットカードを1枚も持っていない。そんな状況では、診察してもらえるかどうかさえ怪しいとも考えられます。

 

会社の手配での海外赴任であれば、そんな不安とは無縁だと思いますが、日本で生活しているうちにクレジットカードを作り少しは利用してみるということが、今後の個人の信用という面では、ますます重要になってくるでしょう!

おすすめのカード

海外旅行や海外赴任でおすすめのカードを調べていこうと思います。
各社、ゴールドカードやプラチナカードなど特定の顧客に対してだけ発行しているカードがありますが、それぞれのステイタスや発行の基準など違いがあると思います。お得度とステータスは果たして比例するのでしょうか?

おすすめのカードローン

お金を借りてみる